全ての商品が驚くような特別価格で!
価格など詳細は商品ページにて

☆DVD納期☆ 写真などの素材到着より平日6日程度での出荷 ※有料のハイスピードプラン+5,000円は平日2日以内の出荷

DVD商品・修正代金なんどでも
無料キャンペーン実施中!




納期・・・素材到着より平日6日
詳しくはこちら





参考音源ページこちら
 (当店より代理申請ISUM)

プロフィールビデオなどで
人気の音源


★A1.A2.A3.A4のバリエーション★
モザイクアート
ウェルカムボード
●結婚式場相場50,000円のところ・・・
通常価格31,000円
5,000円~


★オープニングムービー★  
結婚式場相場40,000円のところ・・・
通常価格10,000円

キャンペーン価格!!

3,000円


★プロフィールビデオ★
●結婚式場相場40,000円のところ・・・
通常価格21,000円

キャンペーン価格!!

6,000円


★エンドロールビデオ
●結婚式場相場40,000円のところ・・・
通常価格21,000円

キャンペーン価格!!

3,000円


★余興に最適!
スライドショーDVD★
  
●結婚式場相場40,000円のところ・・・
通常価格21,000円

キャンペーン価格!!

6,000円


★感謝の手紙DVD★  
通常価格21,000円

キャンペーン価格!!

3,000円


★余興ビデオレター★ 
↑内容など詳しくはこちら

●オーダーメイドでオリジナル動画を作成致します。




オーダーメイドプラン
料金表に無いオリジナルの演出がしたい。字幕や、動画と静止画、スライドショーを入れたい。等の要望を叶えるプランです。料金、納期につきましては、お問い合わせフォームよりご相談ください。


年間1000件以上の作成実績!!



営業日
平日 9:00~17:00
休日 土日祝日休業

‘プロフィールムービー’ カテゴリーのアーカイブ

プロフィールムービー BGMの選び方

2019/04/14

プロフィールムービーをはじめテラオカビデオの価格表・商品一覧はこちら

結婚式のプロフィールムービーとは、新郎新婦の幼少期から結婚するまでをスライドショーで上映するムービーのことをいいます。
生い立ちムービー(ビデオ)やプロフィールビデオともいわれます。
最近ではどこに上映するのかは自由となってきていますが、結婚式が始まってすぐに上映することや、新郎新婦が中座するときに上映されることが多いです。

プロフィールムービーは曲選びがとても重要です。

自分たちが好きな曲を選び過ぎず、来てくれたゲストのことを考えることです。
ロックが好きでもそれ大音量で結婚式で流しても、ゲストが不快にさせるだけになってしまいます。
あくまでも新郎新婦は「ホスト」であることを忘れないことが一番大切になります。

またBGMによってプロフィールムービーの写真の枚数をきめてしまう、という写真選びとBGMの関係も紹介いたします。

それではプロフィールムービーは曲選びをご覧ください。

プロフィールムービーのBGMの選ぶ方法

BGMの秒数で最適な写真の枚数が決まる


プロフィールムービーは結婚式にぴったりの曲や、新郎新婦が大好きな曲をなんとなく使用してもよいというわけではありません!

なぜならプロフィールムービーはゲストに見てもらうために制作し上映します。
このため写真1枚あたりの表示時間にはゲストの視聴しやすさを重視する必要があるからです。

7-9秒が適切な時間です。
だいたいこの時間を守って写真、またはBGMを選べば、ゲストがゆったりと視聴できるプロフィールムービーになります。。

ここでは意外と知られてない写真とBGMの関係について紹介していきます。

★まずは、使用枚数から使用音源の長さを見てみましょう

20枚構成の場合 最適なBGMの時間は、2分30秒~3分です。
20枚 × 8秒 = 160秒 

30枚構成の場合 最適なBGMの時間は、4分~4分30秒です。
30枚 × 8秒 = 240秒

40枚構成の場合 最適なBGMの時間は、5分30秒~6分です。
40枚 × 8秒 = 320秒


40枚の写真を使う予定であれば、5分30秒ほどの長めのBGMを1曲選ぶか、2曲編成にして余裕を持たせる必要があります。

50枚以上の構成は、2曲または3曲を選択して、シーンごとに曲を選択するようにしましょう
※新郎新婦1曲 2人1曲。
 または、新郎1曲、新婦1曲、2人1曲の計3曲。 

プロフィールムービーを格安制作

写真のスライドシーンは一体何秒になるのか知りましょう

プロフィールムービーは、写真のスライドだけで構成されているわけではありません。
大きく分けると以下の4つの部分に分かれています。

・オープニングの部分
・新郎新婦それぞれの生い立ちのスライド部分
・2人の馴れ初めのスライド部分
・エンディングのあいさつ部分



プロフィールムービーのオープニングシーンよくあるのが、 

「HappyWedding ●● & ●●」
このシーンで8秒


新郎新婦2人の前に入る黒背景白文字のシーン

健太郎 昭和59年12月20日誕生
美香 昭和59年10月2日誕生
2人は2015年1月に出会いました。
このシーンで8秒ずつ

プロフィールムービー結びのメッセージ
本日は結婚披露宴にお越しいただきまして誠にありがとうございます
このシーンで8秒。


スライド写真以外のシーンで40秒ていどは必要になりました。

つまり、プロフィールムービーの完成した映像の時間は以下の式によって算出できます。

〈写真使用枚数×8秒〉 + 〈スライドを使わないシーン40秒〉=BGMの時間

この算出した秒数に近いほど、ゲストはゆったりと視聴しやすいプロフィールムービーになります。
できる限り上記の数字に近くなるようにBGMを選んでいきましょう。

プロフィールムービーをはじめテラオカビデオの価格表・商品一覧はこちら

プロフィールムービーの業者の選び方

2019/04/10

プロフィールムービーをはじめテラオカビデオの価格表・商品一覧はこちら

プロフィールムービーを業者へ委託する場合、どんな業者を選ぶべきなのかを紹介します。

プロフィールムービーで選びたい業者

プロフィールムービーに使う画像や写真が20枚の人と40枚使用する依頼が同じ価格になってしまう価格設定を疑問に感じませんか?

例えば20枚の人は20のコメントと20の映像効果、40枚の人は40のコメントと40の映像効果、
単純に2倍ほど制作にかかる負担が違いますので、あらためて考えてみると同じ費用を負担するのは変だと感じることでしょう。

制作会社のよくある価格設定は、「◯◯なプロフィールムービー 34,800円(税込)」というのを見たことがあるはずです、
そういった制作会社は、映像作品1本○○円といった取引に慣れているため式場と提携している可能性を考えていいです。

提携が無い場合でも、制作内容も自由度があまり無いものが多いです。
なぜ自由度が低いのか?
それは、テンプレート制作にあります。
テンプレート制作とは、映像全体のひな形ができた状態に、写真とコメントを替えて完成するプロフィールムービーのことをいいます。
だから写真の枚数に融通が利かない(変更すると高額)になる場合が多いです。

プロフィールムービーは商品ですが、「販売するものではなく、制作依頼によって制作するもの」ですから、
テンプレート制作の印象はあまりよくないかもしれません。

せっかくプロフィールムービーの制作会社を探すなら、制作内容に自由度の高いところを選びましょう。

業者の信用という点で選ぶなら、出店に審査のあるBtoCのショッピングモールサイトなどに出店している業者は
ちゃんと事業として映像制作をしていると判断できます。
例えば楽天などは出店には、事業状況の報告をチェックするなど厳しい審査が行われ、出店の維持も大変です。

片手間でやっている場合もあります。
その判断基準は、テンプレート制作しか行わない業者と朝や昼間の連絡が無い業者は要注意です。
本業を別に持っている可能性があるため、迅速な対応が期待できない可能性や、修正が必要なときの対応を遅れが発生する可能性があります。
他には土日も休まず営業している業者も要注意です。
かなり悪質な例ですが、『土日も休まず』が『土日を中心に営業しています』という意味のサイドビジネスだったという相談がありました。
そのときは映像もデータ納品であったため、かなり酷い状況でした。

逆にココナラ(coconala)などのCtoCショッピングモールは個人間売買に過ぎないので信用するのが難しいです

プロフィールムービーで選んではいけない業者

プロフィールムービーの制作会社を見ているうちにわかってくることがあります。
それはある程度の制作価格の相場についてです。

その中でも格安でプロフィールムービー制作してくれる業者の存在も知ることになります。

格安プロフィールムービーとはどの業者でも好き勝手に言っていますが、それには根拠があります。

実際のところ結婚式場で依頼した場合、1本5万円~15万円 という制作代金がかかります。
こちらと比較すると、34,800円 でも格安といえないことも無いのです。

ただ本当に格安な業者も存在しています。

業者は業者でも「絶対に」選んではいけないプロフィールムービー業者があります

●選んではいけないプロフィールムービーの制作業者
①写真を取り込んでくれない業者
プロフィールムービーは小さい頃の写真が必須の映像制作です。
にもかかわらず、画像の取り込み環境が無い依頼者にこの作業を行わせるのは問題があります。
今ではケータイやスマホで画像が写せますが、光の印影が映り込んでしまうため
映像のキモとなる画像の品質が圧倒的に下がってしまうからです
このタイプの業者に依頼する場合は、写真を自分できれいにデータ化できない場合やめた方が良いですね☆

②音楽著作権については「お客様にやってもらう」という業者
これは論外です。
100%制作業者(会社)は、存在していません。
店舗名だけつけた個人が、片手間で制作をしています。
一見してもわからないところが、インターネットの怖いところです。

なぜ業者では無いかと断言できるのかというと、
本来、BGMを複製(DVDにしたり、再生可能な映像ファイルなど)した段階で音楽利用の許諾申請が必要なのです。
つまり、音楽著作権の申請をしなければ、映像を他人に納品または引き渡すことは違法行為となってしまうのです。
明らかに音楽著作権の取り扱いの理解ができていない、とても危険な相手です。

またその違法行為は依頼者と制作者が負うことになってしまいます。
依頼者である新郎新婦に人生すべてを失うほどの法的リスクを負わせるのは業者と呼べるものではありません。

上記の2点がある格安なプロフィールムービー制作業者は避けたいところです。
①については納得した上で利用するのは有りですが、②に関しては一生にかかわる問題になってしまうため絶対にやめましょう。

本当に格安なプロフィールムービーはコチラ

プロフィールムービーをはじめテラオカビデオの商品一覧は下記トップページより☆

テラオカビデオ-トップページへ戻る

プロフィールムービーのメリット

2019/04/09

プロフィールムービーをはじめテラオカビデオの価格表・商品一覧はこちら

プロフィールムービーは、新郎新婦お二人の生い立ちや馴れ初めを流すことで、
式場全体が2人のことを知る貴重な機会を作り出すことができます。

新郎新婦のお色直しを待っている間に流されることが多いムービー演出です。

この“お色直し”、経験がある人はわかるように、40分以上かかることが普通にあります。

このためプロフィールムービーは、新郎新婦がいない間の
ゲストへの『おもてなし』としての演出の側面がとても強いです。

そして“感動”や“盛り上がり”などが欲しいと思うかもしれません。
それは今から紹介するプロフィールムービーのメリットを見てから考えて欲しいと思います。

プロフィールムービーのメリット結婚式場に生まれる一体感

なぜ一体感が生まれるのでしょうか?

プロフィールムービーの演出をおすすめする記事を見かけると
「結婚式場に一体感が生まれるので、ぜひやりましょう!」
といったことを見たことはないでしょうか?

ゲストみんながあなた方2人のことを、プロフィールムービーを通じて知ることができたからです。
結婚式に集まってくれたゲストはそれぞれの場面での付き合いはあっても
あなたのことを詳しく知っているわけではありません。

プロフィールムービーという生い立ち紹介で、知らなかったことを知ることになり、
ゲスト同士にあるあなたのことの認知度が同レベルに近づくことになります。

これによって、ゲスト同士にも連帯感が生まれ、会場に一体感を生む下地を作ってくれるのです。

プロフィールムービー以外の演出で代替するのは難しい気がします。
だからこそ、定番演出になったのかなぁという感じがします。

そして初対面同士同じテーブルになることもありますが、プロフィールムービーはきっと打ち解けやすい空気を作ってくれます。

結婚式の披露宴では、親族に上司や恩師、友人や同僚など多くの人が出席します。
であればこそ、このプロフィールムービーという演出をやるべきです。


ただ上司や同僚など多く出席していることでしょう。
このため新郎は会社での立場もあり、プロフィールムービーの演出『やりたくない』と思ってしまうことでしょう。

『自分の画像が編集でコミカルに動き出したり』、
『自分の画像が派手な演出を使いながら大きなスクリーンで映されたり』、
このようなことは会社云々関係なく恥ずかしいと考えている人も多いです。

ただプロフィールムービーの持つメリットを考えると、内容はシンプルなものほどいい効果が期待できそうです。

であれば、
『シンプルなスライドに、あなたらしいコメントの自己紹介、二人の結婚を決める流れの紹介』
という王道のシンプルなプロフィールムービーを作ってみるの最適です。

ですが、本当にシンプルなプロフィールムービーはなかなかありません。
・かわいいシンプルは、“可愛すぎる”シンプル
・おしゃれなシンプルは、“おしゃれすぎる”シンプル
など
“~~過ぎる”プロフィールムービーが大変多いです。
テンプレート制作では無い、2人に合わせたオリジナルのプロフィールムービーを探しましょう。

格安でシンプルなプロフィールムービーとは??


シンプルなプロフィールムービーのサンプルムービーはコチラ

プロフィールムービーをはじめテラオカビデオの商品一覧は下記トップページより☆

テラオカビデオ-トップページへ戻る

格安でシンプルなプロフィールムービー

2019/04/08

プロフィールムービーと他のムービー演出について

結婚式のムービー演出は結婚式を印象深くします

オープニングムービーは結婚式の始まりを告げお二人の入場を盛り上げます。

プロフィールムービーはお二人の生い立ちを映像作品にします。

スライドショーレタームービーお二人の出会いから結婚までを切り取って演出するなど利用シーンを選ばない演出。

エンドロールムービーは結婚式の締めくくりとゲストのお見送りまでをつなげる素晴らしい演出です。

このように結婚式のムービー演出は、結婚式の場面を印象深い素晴らしいものにしてくれます。

また余興の演出として、友人たちからサプライズの余興ムービーが贈られることもよくあります。

スケッチブックリレーを使った余興ムービーや、みんなでダンスしてる余興ムービーも結婚式の披露宴をたくさん盛り上げてくれます。

テラオカビデオのプロフィールムービーは、
『◯◯風プロフィールムービー』といった商品に画像とコメントを差し替える方法、
いわゆるテンプレート制作ではありません。

このため、
使用する画像の枚数や内容、
使用する音楽BGM、
結婚式の余興ムービーの上映時間も自由に、
そしてすべての写真(画像)にコメントを付けられます。

ゼロから作り上げるテラオカビデオのプロフィールムービーはテンプレート制作ではできない自由さがあります。

そしてそれはお二人だけのオリジナル作品になります。

他店のようにテンプレート制作での一律の価格でお客様に余分なご負担は求めません。

お二人の思い描く結婚式に合わせて、結婚式余興ムービーの制作プランがお選びいただけます。

結婚式の余興ムービーは結婚式のさまざまな場面を彩る素晴らしい演出となります。

自作プロフィールムービーの作り方

2019/04/05

自作プロフィールムービーを制作する人は多くなってきています。
結婚式の費用も抑えられるし、“自分が考えている映像”が出来上がっていく過程はとても楽しいものです。

ただ、プロフィールムービーの自作が映像制作の初めてということも多いのが事実です。
そして経験の少なさから、結婚式の披露宴での“上映まで成功させることができないこと”も、残念ながらあります。

そんな初心者の自作プロフィールムービーが成功させるために、
結婚式の映像制作を10年こなしてきたの制作のプロとしてのアドバイスを初心者向けに紹介いたします。

プロフィールムービーを自作する意味について


プロフィールムービーを作る意味を、自作することによるメリットとデメリットで確認しましょう。
なぜなら、自作プロフィールムービーで披露宴の演出をする目的がはっきりしていないと、途中で挫折してしまうことが多いためです。
自作のプロフィールムービーの意味を考えることはとても大事です。

プロフィールムービーを自作するメリット

・お金の節約(制作環境があればOK)
・思い通りの業者がいないから
・自分の思う通りに仕上げたいから
・時間がちゃんとあるから
・自分たちらしさを手作りで表現できること

上記のものは自作でプロフィールムービーを作った新郎新婦の口コミなどを参考にまとめたものです。
自作を検討中のあなたにも当てはまる項目があるはずです。
このように自作のプロフィールムービーのメリットには、経済的な利点や自分の思う映像を作りたいといった、はっきりした目的があります。

プロフィールムービーを自作するデメリット

・貴重な休日を制作にあてる必要があること
・会場で再生できる仕様で動画を作ること
・自由に作れる編集ソフトは有料なソフト(安いソフトで1万円程度から)
・上のものが無いときは、ムービーメーカーやiMovieなどをかなり高度に使いこなす必要があること
・動画にしてDVDの書き出すにはちゃんとしたパソコンが必要(9万円程度から)
・スマホやパソコンで動画が再生できることとは違い、DVDの再生はDVDプレイヤーで再生できる形式にすること

上記のように自作にこだわるあまり、手痛い出費をすることになってしまう新郎新婦がいます。
確かにスマホで簡単にスライドショーができてしまうこともあってムービーの制作は、とてもハードルの低いものになっています。
ですが上記のようにそれなりの環境が無いと、結婚式場の持ち込み条件にあった映像(DVD)にすることが難しいのです。
つまりプロフィールムービーを自作してお金が節約できるのは“制作環境(機材)をもっている人”だけといっても過言ではありません。
自作をすれば5万円~10万円が節約できると思いきや、上記の機材を購入していては赤字になってしまうのです。

そして自作のプロフィールムービーで一番ネックになるのが“制作時間の確保”です。
当然ですが、他の結婚式の準備と並行して行うことになります。
これを日々の仕事の合間(休日)での制作になるため、かなりの負担を感じます。
※プロフィールムービーはオーダー制作なので制作会社もそれなりに制作期間が必要になります。
 『できなかったら制作会社に頼もう』と思っていると制作期間がないため注文を受けてくれないといったこともありますから要注意です。

自作プロフィールムービーの具体的な作り方

それでは上記のメリットやデメリットを踏まえた上で、具体的な作り方を紹介します。
1~8の項目の流れになっていますので、順にクリアしていくことで自作のプロフィールムービーがだれでも簡単につくれます。

クリアできないと思った箇所があった場合は、制作業者での制作も考慮するようにしましょう。
この決断は早ければ早いほど、制作業者を探す時間など結婚式に間に合わないリスクを防ぐことができます。

1.プロフィールムービーを作る前に基礎情報をリストアップ

プロフィールムービー自体は結婚式を盛り上げる演出になっています。
その盛り上げるキモとなっている映像として大切なのは“新郎新婦の生い立ち紹介”と“2人の馴れ初め”です。
過度な演出などなくとも、この2点の見易さの方が視聴するゲストにとっては重要です。

・名前、生年月日、生誕地
・小学校名、中学校名、高校、大学
・社会人になってから
・二人が結婚に至るまで

といったように時系列にまとめると完成したプロフィールムービーをイメージしやすいです。

プロフィールムービーの肉付けとなるのは、基礎情報でまとめたそれぞれの時代での出来事や思い出に残っていることです。

自分の生い立ちに基づいて、思い出に残っていることや
印象深かった部活や恩師、友人との思い出などを
端的にまとめることで字幕コメントの内容になります。

また上記の項目や区切りが写真や画像選びのポイントにもなります♪

プロフィールムービーをはじめテラオカビデオの価格表・商品一覧はこちら

2.プロフィールムービーのBGM選びで写真枚数も決まる

新郎新婦の大好きな音楽や、結婚式披露宴にぴったりのウェディングにあったBGMどんなものでもOKです!
ただし、BGMの長さや、写真の枚数を考える必要があります。
初心者でムービーの制作経験が無いとわからない“写真枚数とBGMの関係”について紹介していきます。

2-1.写真枚数とBGMの関係

プロフィールムービーはゲストに視聴してもらうため作ります。
このため写真1枚あたりの表示時間に無理があっては、ゲストにとって見るのがつらいムービーになってしまいます。
写真1枚あたりの表示時間は適切な表示時間というものがあります。
ずばり、写真とコメントを見る時間は、7-9秒が最適な時間です。

7秒より短いとコメントが読めない慌ただしい映像になってしまいます。
10秒より長すぎると、冗長で疲れてしまう映像になってしまいます。
視聴する参列者ゲストの視点を忘れないようにしましょう。

例を挙げると、5分間の曲をプロフィールムービーのBGMに選んだ場合は下記のようになります。

写真枚数は、300秒(5分)なので、
30枚(8秒×30枚=240秒)から40枚(8×40枚=320秒)くらいが適切な枚数といえます。

2曲編成であれば、2曲分の長さがありますから、多くの写真を選ぶことができるようになります。
多くの写真を使いたい場合は、BGMの曲数も増やす必要があることを覚えておきましょう。

上記の1枚当たりの表示時間を守れば自作のプロフィールムービーが自己満足の映像になってしまうことは避けられるはずです。
写真枚数とBGMを選びの関係をしっかりと覚えておきましょう。

プロフィールムービーの人気音源が紹介されていますので是非チェックしてみてください。

3.プロフィールムービーに使用する写真を選ぶ

プロフィールムービーは、目的をどこに置くかで写真の選び方が変わってきます。
社会人になってからのエピソードが多い方は、そのときの写真が多くなります。

3-1.プロフィールムービーに使う枚数を明確に使用

まずは、新郎新婦それぞれが何枚の写真(画像)を使うのかを決めます。
これは最初にまとめた基本情報からある程度イメージができています。
あとは具体的な枚数は『2.』のBGMを決める過程で適正枚数が見えているので、
・新郎10枚
・新婦10枚
・2人10枚
といったように明確に決めておきましょう。

写真枚数の数字がはっきりしていないと、写真選びがうまく進まないことがあります。
10枚ほどしか使わないのに40枚選んでしまったりと、何回も選ぶ作業に追われてしまうことになってしまいます。
このため“写真枚数の決定は写真選びの成功”に影響を与えます。

3-2.写真集めのトラブル:新郎の写真が無い

さて、写真集める段階でよくあるトラブルを紹介します。
そのよくあるトラブルは“新郎の写真が無い”という問題が出る場合があります。
軽度のトラブルとしては新婦に比べて使える写真が少ないこともよくあります。
一般的に女性とは違い男性はあまり写真を残すことがないのです。
新郎のお母さんがマメに撮ってあげていないと学生時代の写真が無いってことはよくあります。
男性の場合、中学生くらいから母親から距離をとりはじめます。大人になるにしたがって写真が少なくなっていきます。早く精神的に大人になる男性ほどこの傾向は強くなります。
よくあることですので、先輩カップルもこの点で苦労した人もいたはずです。

3-3.新郎の写真が無いトラブルの解決法

写真が無いときでもあきらめないでください。
今からでもできることはあります。

◯男性(新郎)の趣味や特技に注目!
男性はその時代時代でさまざまな趣味に傾倒していることがあります。
そういったものに焦点を当てれば、今からでも写真に収めることのできるもの(ボールや楽器など)や場所(バイト先や学校の校庭など)が浮かんでくるはずです。

◯今からでも大丈夫、写真が無いなら作ろう!
色褪せた写真は幼少期の写真くらいで大丈夫です。
今の時代、写真もとてもきれいなものが多いので、今から撮った写真でもプロフィールムービーの映像作品にすると違和感などありません。
新郎の意外な面を知ってもらえる素晴らしいものになることでしょう。
ですから「今から撮るのはおかしい」なんてことはありません。

◯黒背景に白文字(字幕テロップのみ表示)を活用!
コメントはしっかりと考える必要がありますが、黒背景に白文字(字幕テロップ)を効果的に使っていきましょう。
プロフィールムービーの映像作品として一つアクセント演出になりますので違和感はなくなります。

プロフィールムービーという結婚式演出は、映像作品を作り上げ、新郎や新婦を知ってもらう機会です。
そしてそれは「ゲストに楽しんで見てもらうこと」という目的も忘れてはいけません。

“二人の馴れ初め”だけでもゲストの方は知りたいと思っていることの一つです。
そしてこの2人の馴れ初めこそが、一緒に歩む2人の生い立ちの始まりです。

プロフィールムービーで一番大切な部分であるからこそ、“新郎新婦2人の出会いから結婚に至るまで」の部分だけで、十分に素晴らしいプロフィールムービーになります。

2人の馴れ初めの画像や写真であれば、今からでも集めることができるはずです。

一生に一度の結婚式ですから、やりたいことがあれば、さまざまな方法を検討して実現しましょう!

4.プロフィールムービーに使うコメントを作る

・プロフィールムービーの始まりのあいさつ
・写真それぞれのコメント
・来てくれた参列者ゲストへの感謝のメッセージ
・プロフィールムービーの締めあいさつ

大きく分けて上記の4つのコメントを考えます。
結婚式のプロフィールムービーのコメントは、いざ書こうとすると何を書いたらいいのか悩むものです。
コメント内容は新郎新婦らしさを表現する大切なポイントです。

☆ワンポイント☆
○コメントは見やすく
○長いコメントはやめる
○写真を見ればわかることはコメントに入れない
○結婚式のマナーを忘れない
○作ったコメントお互いにチェックする(誤字・脱字は恥ずかしいですよ!)

コメントの文字数は20文字くらいがベストです。
これを2行で表示すると“見やすく、分かりやすい”表記になります。
コメントが多くなってしまうと写真も表示している関係上、画面内におさめるために文字を小さくして表示することになってしまいます。
結果、コメントが見づらいプロフィールムービーになってしまいます。
ここでも見てくれるゲストのことを考えたコメント量にしましょう。

俳句みたいですが、写真や画像に表示されていることはコメントに入れないようにして、限られた文字数を有効に使うようにします。

上記のポイントを踏まえれば、適切なコメントを作ることができます。

プロフィールムービーのコメントについてはプロフィールムービー コメントサンプルがあります。
是非チェックしてみてください。

5.プロフィールムービーに使う写真をスマホやパソコンに取り込む

写真を映像編集に使う機材、スマホやパソコンに取り込みます。
まずは写真を画像データにしなくてはいけません。

5-1.スマホのカメラ機能を使って撮影して写真を取り込む場合

室内は蛍光灯など光が、写真に写りこんでしまいます。
これを防止するには、写真を立てかけた状態で撮影するといいです。

あとは写真を画面いっぱいに移るように撮影するのではなく、
画面の8割くらいにおさまるのように撮影すると、画像修正が行えるようになります。

なおスマホの撮影は、スマホが軽い分、手ブレの影響を受けやすいです。
三脚などがあればいいのですが、どこかにスマホを置いたり、なるべく手で持たないようにして撮影をします。

5-2.パソコンに写真を取り込む場合

パソコンに写真を取り込む場合は、スキャナーを使うのがベストです。
撮影する場合は、環境を整える必要があるため、初めてであればおすすめできません。
できれば、取り込んだ画像を画像修正ソフトで修正します。
市販スキャナーでも十分に高解像度であるため、取り込んだ画像は目にはほとんど見えないホコリやごみが映り込んでいます。

5-3.写真のデータ化サービス

スマホの撮影やスキャナーが無い人は、写真のデータ化サービスをお願いしましょう。
コンビニでスキャンが可能な場合もあります。

なおこの時点で、思っていた以上に自作プロフィールムービーに費用がかかる可能性や
自作をやりきることに不安がある場合はプロフィールムービーの依頼を早めに検討しておきましょう。

6.編集ソフトを使ってプロフィールムービーを作ろう!

いよいよ制作の本番のとりかかることになります。
使っているソフトやアプリによって具体的な操作は違います。
ただ制作にかかる流れ同じなので、下記の流れを確認してください。

6-1.プロフィールムービーの長さを決める

『2.』で選んだBGMで、大体のプロフィールムービー全体の映像時間(尺)は決まっています。
BGMの長さが制作するプロフィールムービーの長さになります。

6-2.プロフィールムービーの始まりと終わりを作る

始まり部分と終わり部分を決めることで、写真を流すスライド部分の配分が決まります。
始まりは2人の名前などのタイトルと冒頭のあいさつなどを入れます。
終わりの部分は締めとなるあいさつや、次の結婚式の演出次第では、お色直しの再入場につなげたりもできます。

6-3.プロフィールムービーの中身を入れる

『6-2.』で分かったスライド部分の配分に
自分が使いたい画像データを読み込み、画像を配置していきます。
そして写真に字幕コメントいれていきます。
ここがプロフィールムービーの中身といえる部分ですね☆

6-4.BGMを入れ全体の調整を行う

最後にBGMを入れて全体の調整すれば一つの映像が出来上がります。
誤字脱字をチェックしながらプレビューしてみましょう!

6-5.動画ファイルに変換しよう

編集ファイルを再生できるのは、あなたのスマホやパソコンだけです。
このためどのパソコンやスマホでも見れるような動画ファイルを作る工程が必要になります。
編集映像に問題がなければ、編集ソフトから動画ファイルを生成しましょう。
これがDVDにする一つ前の段階です。

7.ついにプロフィールムービーをDVDに!

DVDプレイヤーで再生できる形式は限られています。

このDVDにする際に、DVDプレイヤーで再生できる形式に書き出さずに、
動画ファイルとしてDVDに保存してしまうミスがとても多いです。
DVDにするのが初めての人に最も多いミスですね。
間違えないためにもDVDライティングソフトを使うようにしましょう。
ライティングソフトは編集ソフトに付属している機能である場合が多いですが、無い場合はフリーソフトや有料のソフトを手に入れましょう。

では、5.でできた動画ファイルをDVDプレイヤーで再生できる形式に、DVDライティングソフトで書き出せば完成します。

基本的にはDVDライティングソフトに任せていれば大丈夫です。

8.会場での再生チェックを必ずしよう

DVDには相性問題がつきまといます。
自作のプロフィールムービーであれば、書き出し環境もさまざまなので、トラブルも発生しやすいです。

自宅のDVDプレイヤー再生できても会場では再生できない可能性があるので、必ず会場でのテストを忘れないように!

ちゃんと再生されるかはもちろんですが、字幕テロップが切れてないかなど細かいところもチェックしましょう。

問題があれば修正を加え再度テストをしてもらいましょう。
実際に会場で再生チェックすることで、2人で作り上げた感動が湧き上がってきますよ!

まとめ:自作プロフィールムービーの作り方

自作プロフィールムービーはスケジュール立てて、計画通りにちゃんと制作をすすめることがとても大切です。
また1~8の項目で、具体的な自作プロフィールムービーの作り方を紹介しています。
一つずつクリアすれば、初心者でも自作ができるはずです。

時には仕様などを式場の方に相談しながら、二人の思い描くプロフィールムービーを作り上げましょう。

最後に『自作』のプロフィールムービーとはいえ、結婚式での上映には著作権の問題があります。
映像の制作者が許諾を得ないと映像にBGMを入れてはいけないため、制作者ではない結婚式場の人でも解決が難しくなります。
また個人が著作権の利用許諾を得るのはかなり難しくなっています。
BGMの無断使用してしまうと結婚式場に上映を断られてしまうので注意しましょう。
自作に入る前にBGMについては式場に確認しておきましょう。

この記事では、プロフィールムービーの自作について、実際の具体的な流れなどを初心者でもわかりやすい言葉で紹介しました。

テラオカビデオは、プロフィールムービーや結婚式用ビデオの制作だけではなく、エンドロールムービー、二次会用のスライドムービー、ウェルカムボード制作、余興に使うビデオレターやスライドレター制作も承っております。

年間1000件を超えるご依頼に応え、これまでたくさんの方のお手伝いをさせていただきました。
テラオカビデオは全国各地のご結婚される方にご利用頂き、無料のスピード制作は6営業日、特別プランで最短1日の制作という短納期を実現する制作体制を整えております。
ご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

プロフィールムービーのテラオカ

TOPページ サイトマップ  ビデオの取り方 
店舗概要・利用規約  特定商取引法による表記他
オープニングムービー  生い立ちビデオ  エンドロールビデオ 
余興ビデオレター
 感謝の手紙  スライドショーDVD 
モザイク・ウェルカムボード  プライバシーポリシー
余興ビデオレター構成メモ  プロフィールビデオ構成メモ
歓談・二次会ネタ・カラオケ  フォント(文字の形)について
お客様の声 曲紹介
BGMの利用について
お申し込み・問い合わせ


披露宴が始まった瞬間、ゲストは皆DVD映像に、くぎ付け!
お預かりした写真、メディアをもとに、
BGMにあわせて1枚1枚丁寧にモーションやエフェクト処理を施し、スライドショーを作成。
涙溢れる感動のプロフィールビデオ(生い立ちDVD)、エンドロールビデオに仕上げます。
一生の記念になる結婚式、披露宴だから入場から最高の演出をしたい。
動画編集屋テラオカがプロデュースするウェディングムービーDVDはそんな2人の想いに応えます。
また、余興を頼まれたあなた!スライドショーをバックに歌を歌っても良し。
デジカメでビデオを取り、当店に送るだけで素敵な余興ビデオレターDVDが完成!
お二人やご両親はもちろんのこと大切な来賓の方々にも本物の感動をお届けします。
費用に無理なくDVDビデオの制作が可能です!
さらには、モザイクアート・ウェルカムボード、
結婚新聞(ウェディング新聞)などの印刷物も格安激安作成!

ウェルカムボード・プロフィールビデオ作成には
ムービーメーカー寺岡を是非ご検討くださいませ。


JASRAC及び日本レコード協会と利用許諾契約について
当店は著作権法改正に伴い、
新郎新婦様の法令が意図せず違反してしまうリスクを無くすために
JASRAC及び日本レコード協会との間で利用許諾契約を締結致しました。
どうぞご安心して当店をご利用ください!

BGMの利用について

JASRAC
 利用許諾契約事業者一覧はコチラ
 ※中部地方区分のディーエーオーDAOが当店となります。


Copyright ウェディングビデオ編集屋テラオカ All rights reserved